FX脱初心者ブログ Fx−DASH〜目指せ勝ち組トレーダー〜

トレーダーFxishが教えるマーケットの原理原則

FX初心者ブログ:曜日ごとのボラティリティーを意識する

      2015/12/28

日々のボラティリティーは意識する必要があります。

どうも、FX脱初心者ブログ管理人のFxish(フィッシュ)です。

今日も勝ち組トレーダーに向かって進んでいきましょう。

このブログは、ブログランキングに登録しています。
クリックよろしくお願いします。
クリックがあっても何も変化がありません。


為替・FX ブログランキングへ

今日のテーマは

「【FX初心者向け】曜日ごとのボラティリティーを意識する」

です。

 

月曜日

週明けのマーケットは、週末に大きなニュースがない限り静かなスタートになります。
なので、基本的には金曜日の流れをそのまま受けることが多いです。

一方、週末に大きな変化が出るようなニュースがあった場合、
朝のマーケットでギャップが発生することがあります。

これは、行き過ぎのサインになることも多いので
埋める方向で動くことがあります。

そこが落ち着いてくると、比較的ボラティリティーも低いため、
様子をみながら取引をすることができます。

火曜日

とくに経済指標などの発表も少ないので動きが一番ボラティリティーが少ないのが火曜日です。
リスクも少なく、方向感もわかりやすい展開なので、
そこまで損失を抱えにくいマーケットになるので、
初心者にはチャレンジしやすい曜日と言えます。

水曜日

原油の在庫統計が発表されているので、
世界経済全体からの動きに敏感になります。
水曜日は、そこそこ動きのいい曜日です。

木曜日

毎週夜にはアメリカの経済指標が発表されているので、
盛んに取引がされます。
なので、発表後に落ち着いてトレードするのか、
発表前にトレードを終わらせるのかというところは事前に決めるべきです。

アメリカ時間のボラティリティーは高めなので、
一気に利益を狙いたい人はここで勝負することもありです。

金曜日

木曜日の流れをくみつつ、週の終わりなのでポジションを整理するため、
調整が入りやすいのがこの金曜日です。

その週全体の流れをみながらトレードするとわかりやすくなります。

金曜日で気をつけるところは、
アメリカの雇用統計(失業率)は基本的に金曜日発表なのでそのときの動きは、
瞬間風速が一番大きくなります。

 

Fxish

 

 - トレーダー思考 , , , ,