FX脱初心者ブログ Fx−DASH〜目指せ勝ち組トレーダー〜

トレーダーFxishが教えるマーケットの原理原則

FX初心者ブログ:国債価格の変動による為替の動き

      2015/12/28

ドイツ国債が買われていますね。

どうも、FX脱初心者ブログ管理人のFxish(フィッシュ)です。

今日も勝ち組トレーダーに向かって進んでいきましょう。

このブログは、ブログランキングに登録しています。
クリックよろしくお願いします。
クリックがあれば、いろいろな人と交流ができます。


為替・FX ブログランキングへ

今日は、

「国債価格の変動による為替の動き」

です。

基本に戻って、国債の利回りと価格の関係、
そしてそこから為替の関係についてです。

国債とは

国が発行する債券です。

発行時に決まった利率と償還期限が決まっていて、基本的にはその決まった利率の利息がもらえます。

 

最近の国債の話だと

いつもの日経新聞の記事から引用しています。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASH2IILB2_T10C15A7000000/

欧州国債概況13日 独連邦債10年物は0.055%低い0.846%

このような話がでていますね。

 

債券価格と利回りの関係

債券価格利回りには反比例の関係があります。

債券が売られると、債券価格が下落します。
そうすると、価格に対して利回りがよくならないといけないので、調整が入り利回りが上昇します。

債券価格からみてみると

・債券価格下落 > 利回り上昇

・債券価格上昇 > 利回り下落

利回りから考えてみると、

・利回り上昇 > 債券価格下落

・利回り下落 > 債券価格上昇

ということになります。

債券と為替(FXマーケット)の関係

一般的なお話です。
債券価格が上昇すると、利回りが低くなるため、
その国の通貨に預けてもいいという人が減るため、その通貨の魅力が減ってきます。
その流れだと、通貨売りになります。

利回りが減るなら、より利回りが高い通貨に流れるのは自然な流れですよね。

先ほどのドイツ国債の話でいうと、
一週間で5%程度利回りが減っているため、ユーロの価値が下がることはここからも見えてきますね。

もちろん、為替・債券は連動しているのでどちらからの動きなのか?ということはチェックする必要があります。

Fxish

 

 - ファンダメンタル分析 , , , , , ,