FX脱初心者ブログ Fx−DASH〜目指せ勝ち組トレーダー〜

トレーダーFxishが教えるマーケットの原理原則

FX初心者ブログ:デモトレードでやっておくといい5つのこと

      2015/12/28

デモトレードでは、様々なことができますが、私がやってきたことをまとめてみます。

どうも、FX脱初心者ブログ管理人のFxish(フィッシュ)です。

今日も勝ち組トレーダーに向かって進んでいきましょう。

このブログは、ブログランキングに登録しています。
クリックよろしくお願いします。
クリックがあれば、手法をバンバン公開するかも?


為替・FX ブログランキングへ

私がデモトレードでやってきたことは、次の5つです。

  • どれだけ早く資金をなくせるか試してみる
  • 実際の保有枚数以上の枚数でメンタルを鍛える
  • ボラティリティーの変化タイミングをはかる
  • ロジックの検証
  • どれだけ利益を引っ張ることができるか確認する

どれだけ早く資金をなくせるか試してみる

スキャルピングをすれば、
資金がどんどんなくなっていくことはデモトレードですが、
肌で感じることができました。
スプレッドコストの偉大さを感じます。

また、負けを取り戻すためにトレードを行うと、
さらに負けることができることも気がつくことができました。
これがポジポジ病なんだと。
メンタルが深く関わってくるとはこういうことなのか、
と実感できたデモトレードでした。

あと、長い間負けポジションをキープして強制ロスカットにあうことも経験できました。
指標発表のときも適当にポジションをとってみてどのくらい損益が動くのかも確認することができました。
これで、運良く流れに乗って損したいのに利益が出た時には焦りました。

実際の保有枚数(ポジション)以上の枚数でメンタルを鍛える

資金量に対してオーバー気味にポジションを取ってみました。
そうすると、不思議ですがその値動きと動く金額に慣れてくるのです。
pips単位で考えるといっている意味もわかりました。
結局、マーケットが動いてくれるかどうかだけなんだ、と。

おすすめは2倍のポジションでトレードをしてみましょう。
いつもと違う世界が見えます。
そして、いつかは通る世界です。

ボラティリティーの変化タイミングをはかる

デモトレードでどのタイミングで動きがありそうか、
実際のポジションを持ちながら検討することができました。
あくまで、この場合はデモトレードですが。

ボラティリティーの変化しそうなところがわかれば、
チャンスが増えることまちがいないです。

ロジックの検証

これは、誰もが知っているものですね。
ロジックでは、
どこが譲れないところなのか、
どこが曖昧にしても大丈夫なところかを確認します。
ロジックの検証は、
・過去の検証とデモトレードでの結果がどの程度ずれがあるのか
・そのずれは何から生まれるものなのか
を考える必要があります。

どれだけ利益を引っ張ることができるか確認する

実践している今でも難しいですが、
デモトレードでも何度もチャレンジしました。
デモなので、チャレンジかどうかはわかりません。
そろそろ終わりそうだな、といったポイントも少しずつわかってきました。
回数を重ねることで見えてくるものがほとんどです。
数回しかないトレードロジックでは、検証数が絶対的に不足します。
もちろん、その手法で狙っている利益に届けば問題ありません。

また、人によっては、
利益が伸ばせない人もいます。
それは、個性なので、

「利益を引っ張らなくてもいいトレード」

ができればいいです。
瞬間的に伸びたところだけとる方法もあります。
その場合、勝率が高くなる傾向があるので精神的にも安定します。
結局は、自分にあったトレードを探すほか解決策はありませんね。

Fxish

 

 - FX基礎知識, トレーダー思考 , , , , , ,