FX脱初心者ブログ Fx−DASH〜目指せ勝ち組トレーダー〜

トレーダーFxishが教えるマーケットの原理原則

FX初心者ブログ:ローソク足で失敗するパターン

      2015/12/28

ローソク足は画期的な表示方法ですが、気をつけるところもあります。

どうも、FX脱初心者ブログ管理人のFxish(フィッシュ)です。

今日も勝ち組トレーダーに向かって進んでいきましょう。

このブログは、ブログランキングに登録しています。
クリックよろしくお願いします。
クリックがあれば、いろいろな人と交流ができます。


為替・FX ブログランキングへ

今日のテーマは

「ローソク足で失敗するパターン」

です。

ローソク足での失敗とは

単一的なものの見方により、このパターンは「売りのサインだ」のように考えてしまうことが失敗の始まりです。
もともと、思考パターンが単一なのかもしれません。
頭がいい・悪いの話ではなく、決めつけがよくないです。

ローソク足はある場面の動きしか表していない

当たり前ですが、おさらいをしておくと、
ローソク足とは、
ある一定の時間で
その通貨ペアがどのような動きをしてきたか
ということを一目でわかるようにした表示方法です。

別に、マーケット全体の意味を示すものではなく、
その期間での値動きを示しているだけです。

ローソク足の形だけで確定的な判断はできない

単一のローソク足で

上髭陽線だからXXXだ

とか

大陰線だからYYYだ

ということはあり得ません。

そんなことがあれば、システムで組むことができれば、
利益が上がるわけですから。
そんなにFXマーケットは甘くありませんよね。

上髭陽線でも次の足でそのヒゲを更新することがあれば、
さらなる上昇トレンドの形成になりますし、
大陰線から次以降の足でずるずるいけば反転の可能性もあります。

もちろん、あるタイミングでの上髭陽線は下落の合図になることもありますが、
それは全体の流れの中でどのような位置関係にあるのか?
ということで意味が変化します。

単一ローソク足ではなく複数のサインを見ることや

他のテクニカル指標と合わせることで

当たる確率も上がるので、複眼思考でチャートを見るように心がけましょう。

Fxish

 

 - テクニカル分析, トレーダー思考 , , ,